ブラウザ三国志を関索と女性武将のみでプレイするプレイです。
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:04:07
矛知己はうっかり者すぎた。

船を沈没させるなんてうっかりにも程がある。
命がいくつあっても足りない。

と誰もが思うだろう。

しかし、彼には妙に人を惹きつけるところがあった。
こんなうっかりがあっても何故だか誰もが彼を許してしまうのである。

誠実さと、直向さも持っており。
素直に部下から慕われていた。

そして、この混乱のさなか誰よりも仲間の命を一人でも多く
船から脱出させるのに必死だった。

何より最後まであきらめない男だった。

HAJI はそんな矛知己を買って一軍を預けていたのである。
後に「さすがに船一隻はないか・・・」とぼやいていたようではあるが。


沈んでいく船の中

「早く脱出を!早く!!」

矛知己は懸命に脱出活動を行っていた。

「ボス!ボスだけでも先に脱出してください!
ここは私が引き受けます。」

「いかん、お前も脱出するんだ。これは俺の預かった船だ
俺が最後まで責任を持つ!」

沈めた張本人が責任を持つというのも変な話だが、
それでも最後まで残り、救出活動を続けていた。


諦めずに続けていた。


そして、矛知己が最後の一人を脱出させた頃である。


よしお。は静かに発砲を命じた。



轟音と共に砲弾は放たれた。


放たれた砲弾はマストを吹き飛ばし、
矛知己の乗った船を轟音と爆発で揺らせた。


矛知己は恐怖した。


やはり 893 とマ族か!恐るべし・・・

私がうっかり火をつけてしまったばかりに・・・


矛知己は後悔もしたが、すぐに安堵した。

仲間は無事に脱出し終えた。と


責任は全て私にあるということをわかっての処置なのであろう。
と理解した。

静かに目を閉じ、覚悟を決めた。



その時である。

再び轟音が鳴り響いた。


砲弾が放たれたのだ。


これでいい。

矛知己は観念した。



しかし


どういうことであろう。


今度は当たらなかった。


マストのあった辺りを突き抜け
さらに先へと飛んでいった。


おかしい。


と矛知己は思った。

慣れてる人たちだ、外すはずがない。

不審に思いつつ、矛知己はその先へと目をやった。



なんと砲弾は外れたわけではなかったのだ。


砲弾の飛んでいった先


そこには正真正銘の「敵」が居たのである。



矛知己はうっかり者なだけではない。

それは、よしお。もピッコロも知っていた。


アイツは敵を連れてくる。
また、気が付いたら囲まれている。


そういう男だと知っていた。


そして、今回もいつも通りつれてきた。


相手は当初、矛知己の船のみを狙い戦線を離脱するつもりだった。
しかし、矛知己が自滅してくれたおかげで不意にチャンスが生まれた。

よしお。は救出に向かうだろう。

そう思われた。
そして、予想通りよしお。の船は救出へと向かった。

それを見ると、矛知己の船を挟んで対角に展開し、よしお。の船からは見えないよう、
矛知己の船のマストの陰に隠れた。

救出が完了し、ほっと一息ついたところを矛知己の船もろとも一斉射撃で撃ち落す。

そういう作戦が立案された。


作戦自体は悪くない。

通常の相手であれば、相手を仕留められないまでも先制攻撃を加え、
ダメージを与えた上、分が悪くなりそうであればそのまま戦線離脱をすれば済む
よしお。は矛知己の船が邪魔となり真っ直ぐには後を追えないからである。

また、仮に相手に位置がばれていたとしても、相手には仲間という壁がある以上
優勢には変わりなかったのである。


しかし、相手が悪かった。


極悪非道のよしお。である。

最後の一人まで救うであろうと予想していたのが運の付きだった。

それに、位置もばれてしまっていた。



よしお。は全てを把握した上で彼を残したまま発砲を命じた。


矛知己一人の命が戦況を大きく左右したのである。


結果、敵船は不意打ちを食らい混乱した。


さらに冷静に2発、3発と発射を命じ相手を着実に弱らせていった。
もちろん相手からも反撃はあったが、混乱したものの砲弾など当たらん。

と、落ち着いたまま指揮を執っていた。

事実弾は一発も当たらなかったのである。



矛知己は沈み行く船と共に敵船が沈み行く様を見ていた。

893 とマ族は我々を見捨てたわけではなかった。

海面に浮かんだ船の破片に身を預けながら、彼らに感謝の意を捧げてた。



そのさなか、ふと矛知己は
自分が泳げないことを思い出した。

うっかりと海に浮かんでいられたのである。


うっかり思い出すと同時に、溺れた。

部下も助かり、敵も沈んだので安心してしまったのもある。


矛知己は静かに沈んだ。


海は冷たく、その時まで気づかなかったが既に体も動かなかった。



「・・・体ってこんなに重かったっけか。

・・・自分で言うのも変だけど、俺らしい最期だった。

・・・HAJI さん後は頼みます。


我が人生に一遍の悔いなし・・・矛知己。享年 さんじゅう・・・


意識を失いかけたその時、緑色の手が伸びてきた。


~ to be continued ~
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hanasakuyome.blog.fc2.com/tb.php/27-ccbe21a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
♪パンツ占い♪
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。